新生銀行カードローンレイクはなぜ総量規制対象外?

レイクと言えば、昔は、ほのぼのレイクとしてテレビCMをしており、消費者金融大手の印象でした。外資系の会社が買収したことによって、路線変更したことは知っていますが、いつからか、新生銀行カードローンに変わったのはみなさん知っているのでしょうか?

消費者金融から銀行カードローンに変わるのは珍しいと思う人もいると思いますが、イメージを大事にする銀行としては、消費者金融を抱えることは昔では考えられないことだったのです。

しかし、時代の流れによって、今レイクは銀行カードローンとして消費者金融では無く、個人への融資をするに至っています。なぜレイクが銀行カードローンになったのか?それは貸金業法の改正が大きく関わっているのです。

貸金業法改正によって総量規制ができました

なにが大きく関わっているのかと言えば、貸金業法改正によって、総量規制ができたことです。総量規制とは消費者金融が貸付する金額を年収の3分の1までに強制的に決め付けした法律です。

このことで、消費者金融会社は融資できる金額は申込み者の年収3分の1までとなり、それ以上貸付することは法律によってダメになってしまったのです。

しかし、この総量規制は貸金業法の為、消費者金融オンリーなのです。要するに、銀行は銀行法であり、貸金業者ではないので、総量規制は対象外となって、年収3分の1に従う必要もありません。

これこそがレイクが銀行カードローンに移った最大の理由なのです。

銀行カードローンに移ることで総量規制は免れるだけでは無く、収入証明書の細かな制約もなくなります。金利は消費者金融と同じ金利でOKの為、メリットだけがあることになるのです。

しかも、レイクは消費者金融のノウハウがあることから、銀行カードローンでも即日振込で融資ができるのです。これは今の銀行カードローンと大きな差別化と言っても良いでしょう。

ほとんどの銀行は審査に時間がかかり、即日融資ができるのは非常にすくなくなっています。その中でレイクだけは申込み当日に借りれることで、レイク口コミ等でもやはり人気のカードローンになっているのが現実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>