返済の延滞における業者からの取り立ては厳しいのか?

電話する男性の画像
カードローンからの借入金の支払いが急な都合で返済日に間に合わなくなることがあります。そんな時は速やかにいつ返済できるのかを業者に連絡すれば了承してもらえます。

最近はホームページから返済の遅れを連絡できるカードローンもあります。仮に、何もしないで放って置くと、延滞に対する業者からの取り立てがあります。

現在の貸金業者の取り立ては2010年に改正された貸金業法の規定に基づいて行われるため、テレビドラマに出てくるような「怖いお兄さんが家に来て怒鳴り散らす」というようなことは一切ありません(闇金の場合は除きます)。

延滞の請求はどうやってしているの?その流れは?

取り立ては回収部門にいる担当者が行いますが、一般的に延滞に関してはどの業者でも延滞期間ごとのチームが編成されており、同じ延滞者でも延滞の期間が長くなると、長期間の延滞を担当するチームに変わります。

延滞といっても、返済日を忘れていたというケースがほとんどであるため、最初はアルバイトの担当者が延滞者に連絡を取ります。

通常は、連絡先を携帯電話にしている利用者が多くなっているため、返済日の翌日に携帯に電話を掛けて延滞していることを伝え、いつ返済してもらえるのかを確認します。

返済日を確認することが目的であるため、日にちが指定されるまでは電話を切ることはありません。なお、延滞すると遅延損害金が発生するため、返済日を確認したら、返済日までの遅延損害金の額を伝えて一緒に返済するように案内します。

返済を忘れていたような人は1回の電話ですぐに返済しますが、中には2度3度催促を繰り返すことになる延滞者もいます。

また、業者によっては電話とともにハガキや手紙を併用するところもあり、催促が度々続くようだと、訴訟を匂わす文面の手紙を出すこともありますが、実際は期間が延びたとしても数回の催促で返済が行われています。

また、何回催促しても支払わないごく一部の延滞者は催促されようと支払えない状況になっているのが現実です。

勤務先への請求の電話は余程のことがない限りありません!

延滞者にとって一番気掛かりなのが勤務先への取り立ての電話ですが、結論から言えば、勤務先に電話を掛けてくることはまずありません。

それは、「正当な理由」もなく、勤務先に取り立ての電話(FAXを含む)をすることは貸金業法違反となるからです。

また、勤務先に直接取り立てに来たり、催促の電話をかけたりすることで業務を妨害した場合は業務妨害罪に該当します。さらに、勤務先に訪問した際に帰るよう要求したにもかかわらず応じなかった場合は不退法罪になります。

従って、勤務先への取り立ての電話や訪問はどの業者も行いません。仮に、勤務先への取り立てがあった場合は監督官庁(金融庁など)に苦情の申立てや、行政処分の申立てを行うべきです。

なお、正当な理由として許されるのは、電話や手紙などによる本人や本人の自宅への連絡が一切取れないケース、または延滞者が故意に連絡を無視しているケースなどです。

あまりにも返済の遅れている延滞者に対しては、利息や遅延損害金の支払いを免除する示談交渉をすることがあります。業者としても1円も回収できないよりはましだということです。

最終的に訴訟を起こすこともありますが、費用や手間が掛かるため、よほど高額な借入残高になっていない場合は行いません。また、訴訟を起こしたことで自己破産でもされたら回収不能となるので、示談で済ませたいのが本音です。

いずれにしても、そのような事態にまで進展すると当然、金銭貸借契約は強制解約になりますし、事故情報が信用情報機関に登録されるため、延滞者は5年以上全業者からのキャッシングはおろか、クレジットカードも使えなくなります。

返済の相談は電話以外にも自動契約機でも可能!

返済は送れると分かった時点ですぐに連絡をするべきです。もし近くに自動契約機などの店舗があるのなら、そこに直接行って返済の相談をするのもOKです。特にプロミスでは自動契約機の設置台数が消費者金融でもNo.1になっています。

三井住友銀行のローン契約機も利用できるので、非常に便利です。プロミスの地域サイトを見れば、どこに自動契約機があるのかもすぐ分かりますので、活用することをお勧めいたします。プロミスの名古屋店舗情報ならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>