月別アーカイブ: 2014年7月

プロミスで借りた方がいいと言われる理由

初めて消費者金融でキャッシングするならば、プロミスで借りた方がいいとよく言われます。

なぜプロミスで借りた方がいいんでしょうか?素人には分からないことでしょう。その理由は、プロミスで借りた方が1か月分金利無料で借りられるからです。

プロミスには30日間無利息サービスというのがあります。プロミスポイントサービスに申込みが必要ですが、30日間無利息はモビットやアイフルにはありません。

つい最近、アコムも無利息サービスをしていましたが、6月30日で終わってしましました。(またやると思いますが)

モビットで50万円借りた場合、30日間の利息は7,937円です。仮に2万円支払しても、利息を引いた金額しか残高は減りません。

さっきの例でいえば、元金に充当されるのは約12,000円ぐらいです。

しかし、プロミスであれば初回の1か月目はそのまま元金に充当されるのです。2万円返済すれば2万円減るのです!

これは非常に大きいですね!無利息サービスは新規契約に限るサービスになっています。だから最初に借りるのは、無利息があるプロミス審査がいいと言われている理由なのです。

他に無利息があるのは、ノーローンや新生銀行カードローンレイクもあります。ノーローンは無利息はなんどでも1週間可能となっており、非常にありがたいサービスです。

この辺の知識が無く、新規から利息を払う人は情弱と言われてもいたしかたないでしょう。

年収3分の1以上借りるなら銀行カードローンへ!

消費者金融では平成22年の総量規制によって、年収3分の1未満までしか貸付することができません。

それ以上に借りる場合は、おまとめローンなどの借り換えによって、金利を引き下げて融資することが条件となってきます。

では、おまとめや借り換えで申し込みすれば借りられるんでしょ?と思いますよね?

確かに借りられるかもしれませんが、おまとめや借り換えで借りた場合は、その後に追加借入ができません。

限度額100万円で借りた場合、普通なら80万円まで残高が減ったら、残り20万円をまたカードで引き出せますが、おまとめローンや借り換えローンではそのように追加借入は原則できない消費者金融が多いのです。

じゃあ年収3分の1以上で借りられないの?と思いますよね?基本的には借りられないと思っていた方が無難です。しかし、銀行カードローンならば、総量規制対象外となりますので、年収3分の1のハードルはありません。

総量規制対象外だからと言って、借りられるわけでもありませんが、消費者金融では絶対に借りられない場合でも銀行カードローンは審査次第で少ない確率ですが借りられる時もあるのです。

その少ない確率に賭けて申込みしてみることも一つの方法です。

もし審査が通ったならば、限度額内でも繰り返し借り入れができるでしょう。返済だけしかできない消費者金融はもはや使い勝手が悪いだけです。

今、総量規制で借りられない人は、一度銀行カードローンへ申込みしてみることも検討してみてください。

ここまで、総量規制対象外のメリットを多く書いてきましたが、勘違いしては困るのことは、総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンですので、決して審査が甘いということはありません。

保証会社の保証審査もありますので、消費者金融に比べれば圧倒的に審査が厳しくなるのです。しかも返済比率による審査基準がありますので、年収規制がないからと言って、多重債務者でも借りれることは絶対的にありませんので、注意しておいてください。