月別アーカイブ: 2014年6月

カードローンで自宅郵送が嫌なら無人店へ行くべき!

カードローンを借りる場合、多いのが、自宅に契約書やカードを郵送されたくない人です。一人暮らしの人ならば問題ありませんが、結婚している人や、親と同居している人などは、自宅にカードローン会社からの郵便物が届いて、家族や奥さんに開封されてばれてしまうケースは非常に多いのです。

消費者金融会社であれば、封筒にも消費者金融の社名などは一切入っておらず、親展で本人宛に送りますが、中身を見られれば一発で借入がばれてしまします。

どうやって家族や配偶者に知られずに借りられるのか?その答えは、無人店で借りることです!

無人店とはなに?

無人店とは、その名の通り、従業員が1人も居ない店舗のことをいいます。無人店があるのは主に消費者金融カードローンになります。よく消費者金融会社の社名で、小さいプレハブ小屋みたいな建物を見たことがありませんか?

あれこそが無人契約機とATMが置いてある無人店なのです。

無人店で借りれば契約書やカード郵送はありません!

無人店最大の特徴は、その場で契約書を作成、控えも受け取れ、カードもその場で発行になる為、自宅に契約書やカードが届くことは一切ないことです。

もしインターネットや電話から申込みした場合、必ず契約書の控えを渡さなければならず、カードも送らないと利用することができません。しかし、無人店であれば、無人契約機より、契約書とカード発行がありますので、全ての手続きを終わらせることができるのです!

もし、自宅に契約書やカード郵送されたくないと思っている人は、ぜひ無人店での借入をおすすめいたします。無人店はほとんど消費者金融だけとなっており、銀行カードローンはありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックはテレビ窓口が無人契約機みたいになっています。人気のオリックス銀行カードローンは店舗が無いので、残念ながら無人店はありません。

新生銀行カードローンレイクはなぜ総量規制対象外?

レイクと言えば、昔は、ほのぼのレイクとしてテレビCMをしており、消費者金融大手の印象でした。外資系の会社が買収したことによって、路線変更したことは知っていますが、いつからか、新生銀行カードローンに変わったのはみなさん知っているのでしょうか?

消費者金融から銀行カードローンに変わるのは珍しいと思う人もいると思いますが、イメージを大事にする銀行としては、消費者金融を抱えることは昔では考えられないことだったのです。

しかし、時代の流れによって、今レイクは銀行カードローンとして消費者金融では無く、個人への融資をするに至っています。なぜレイクが銀行カードローンになったのか?それは貸金業法の改正が大きく関わっているのです。

貸金業法改正によって総量規制ができました

なにが大きく関わっているのかと言えば、貸金業法改正によって、総量規制ができたことです。総量規制とは消費者金融が貸付する金額を年収の3分の1までに強制的に決め付けした法律です。

このことで、消費者金融会社は融資できる金額は申込み者の年収3分の1までとなり、それ以上貸付することは法律によってダメになってしまったのです。

しかし、この総量規制は貸金業法の為、消費者金融オンリーなのです。要するに、銀行は銀行法であり、貸金業者ではないので、総量規制は対象外となって、年収3分の1に従う必要もありません。

これこそがレイクが銀行カードローンに移った最大の理由なのです。

銀行カードローンに移ることで総量規制は免れるだけでは無く、収入証明書の細かな制約もなくなります。金利は消費者金融と同じ金利でOKの為、メリットだけがあることになるのです。

しかも、レイクは消費者金融のノウハウがあることから、銀行カードローンでも即日振込で融資ができるのです。これは今の銀行カードローンと大きな差別化と言っても良いでしょう。

ほとんどの銀行は審査に時間がかかり、即日融資ができるのは非常にすくなくなっています。その中でレイクだけは申込み当日に借りれることで、レイク口コミ等でもやはり人気のカードローンになっているのが現実なのです。

審査が早い消費者金融はどこなのか?

審査が早い消費者金融がどこなのか知っている人はいますか?消費者金融は審査が早いのですが、全部が一緒の審査時間ではないのです。

有名なアコムやプロミス、モビットなどは審査が当然早いのですが、申込みが多い日は当然審査が遅くなります。では、申込みが少ない消費者金融が審査が早いのか?と言えば、その通りなのですが、申込みが少ないというのは中小消費者金融であり、知名度や規模はかなり小さく、お金を借りるには不安が大きいのは間違いありません。

審査スピードを求めるならば、とりあえずはアコムへ!

審査スピードを求めるならば、とりあえずアコムへ申込みしておけば間違いありません。アコムは最近になって貸付残高でプロミスに抜かれていますが、消費者金融最大手をここまで走ってきた会社で、信用度は抜群です。

三菱東京フィナンシャルグループで信頼感もあり、それで尚且つ、審査時間は最短30分!申込みが多くなる月末等は、1時間ほど審査に時間がかかるかもしれませんが、審査がどうなっているのか、逐一電話で聞けば、丁寧に答えてくれるでしょう。

これが小さい消費者金融だと、審査はまだか?と聞いたところで、上から目線で、まだです。と言われるだけです。やはり消費者金融は金貸しです。しょせんは金貸しの為、小さいところではまだ顧客に対して上から目線で話してくるところは残念ながらあるのです。

アコム以外であれば、最近はノーローンが熱いです。ノーローンは広告に審査時間は最短20分と出していることから、大手消費者金融の審査時間30分を10分も短縮しています。

消費者金融の審査は20分でできるものなのか?と聞かれれば、答えはできます。結局のところ、消費者金融の審査は信用情報の審査が大部分を占めているので、借金の情報を見ただけで、貸せるのか貸せないのかは、瞬時に判断が可能なのです。

貸せる人であれば、あとは在籍確認や本人確認を詰めてするだけの作業なのだからです。

いづれにせよ、即日融資でカードローンを選ぶのであれば、審査が早い消費者金融で決まりです。

無利息カードローンで利息は払わない!

カードローンを便利に使う方法のナンバーワンは、無利息カードローンとなります。誰もが消費者金融などからお金を借りることは抵抗があると思いますが、それはあくまで考え方で、無利息、つまり金利0%で貸してくれるのであれば、上手に利用するべきなのです。

世の中見渡しても、利息を取らずに、無担保・無保証でお金を貸してくれる人など、ほとんどいません!しかし、日本のカードローンは、ある一定の期間ならば無利息で借りることができるのです。

これは素晴らしい制度といっても良いでしょう。なぜ金利0%で貸してくれるのか?疑問に思ったことはありませんか?カードローン会社の狙いは、あくまで新規顧客獲得であります。

つまり、無利息期間だけ使って、完済したとしても、一度カードローンを借りた人は、次回なにかあった場合、再度利用する可能性が高く、その時新たに申込みして借りるよりも、今すぐ借りれるカードから借入するのが狙いなのです。

その為、無利息期間は新規契約だけに限られており、再度利用した時も無利息になることはありません。

ノーローンはなんどでも1週間無利息!

しかし、ノーローンはなんどでも1週間無利息が使えます。要するに、借りて1週間は無利息、完済して、また利用しても1週間無利息になります。しかし、これにはからくりがあって、完済しても、翌月に利用しなければ無利息にはなりません。

ですので、例えば5月10日から5月17日まで無利息で利用して、5月17日に完済したとします。当然1週間は無利息なので、この期間の利息は0%で1円も利息は発生しません。

しかし、次に再度無利息を利用しようとした場合、5月中の利用は無利息にはならないのです!

また無利息で借入ができるのは、翌月の6月以降となります。その為、連続してなんどでも1週間無利息なわけではありませんが、月をまたげば、また無利息になりますので、上手に使うことで、どこの銀行カードローンよりも低金利で借りれることになるのです!

消費者金融から借りるのなんて、やだ!と言っている人もいるかもしれませんが、1週間だけ借りるなら、銀行の住宅ローンよりも、ノーローンの方が金利は安いのが事実なのです!

このようにカードローンはイメージや固定概念だけで決め手は上手に利用ができません。あくまで金利や利便性なども含めて全体で見ることが重要なのです。

特に銀行カードローンにおいては、インターネット上の口コミなどを参考にして決めることも重要です。オリックス銀行カードローン審査口コミなどのサイトが有名になっています。