カテゴリー別アーカイブ: カードローン

セゾンカードが展開するVIPローンカードの特徴

有名なクレジットカードにセゾンカードがありますが、そのセゾンカードのキャッシング専用カードが「VIPローンカード」です。

金利は6.5~17.8%で消費者金融と同等になっています。ちなみに、融資限度額は500万円で、安定収入があれば学生でも申込が可能です。

申込方法はホームページにある専用フォームからの申込が主になりますが、資料を取り寄せて郵送で申し込むこともできます。

ホームページから申込んだ場合、カードローン審査終了後に本人確認書類の画像をメールやスマホアプリで送信し、平日の13時までに手続きが完了すると、その日の内に借入金を自分の所有する銀行口座に振り込んでもらえます。

なお、カードは郵送されてきた申込内容確認書に必要事項を記入して返送した後で送られてきます。

借入はネット会員サービスに登録した上での振込キャッシングと、ATMの利用になりますが、メガバンク3行の他多くの銀行のATMが利用でき、さらに、すべてのコンビニ(ローソン、セブンイレブン、Enet)のATMからも借入が可能になっています。

ただし、セゾン専用ATM以外のATMの利用は手数料が掛かります。なお、ネット会員サービスに登録すると、利用明細書の郵送を断って、ホームページで取引内容が確認できるようになります。

返済方法は口座引き落としだけなのがデメリット

返済は毎月4日に行われる銀行口座からの引き落としのみです。返済額は借入残高における定額リボルビング払いになっており、例えば、借入残高が10万円までは4千円、20万円までは8千円を毎月支払います。

なお、追加返済や一括返済はATMからでもできますが、前月の10日までにセゾンに連絡しなければならず、他のカードローンに比べると手間の掛かるのが弱点と言えます。

VIPローンカードの特徴と言えるのが、年収500万円以上の人を対象とした「プレミアムコース」のあることです。金利が一般コースよりかなり低く、6.5~11.8% になっており、カードローンの中でもかなり低い部類に入ります。借入・返済などの利用方法は一般コースと変わりはありません。

そして、VIPローンカードには個人事業者向けの「事業コース」もあり、金利は6.5~17.8%で、一般コースと同じです。

事業コースは個人事業者専用のために総量規制の例外扱いになっていることから、年収制限額以上の借入が可能です。

利用方法は通常のカードローンと変わりませんが、利用できる上限年齢がカードローンの69歳に対して事業コースは65歳になっています。さらに、申込時に確定申告書や資金繰り表などの事業内容を表す書類と、専用の借入計画書を提出しなければなりません。

また、カードローン年収に関しても個人事業者は一般的な会社員に比べて、厳しく見られる傾向があります。

返済の延滞における業者からの取り立ては厳しいのか?

電話する男性の画像
カードローンからの借入金の支払いが急な都合で返済日に間に合わなくなることがあります。そんな時は速やかにいつ返済できるのかを業者に連絡すれば了承してもらえます。

最近はホームページから返済の遅れを連絡できるカードローンもあります。仮に、何もしないで放って置くと、延滞に対する業者からの取り立てがあります。

現在の貸金業者の取り立ては2010年に改正された貸金業法の規定に基づいて行われるため、テレビドラマに出てくるような「怖いお兄さんが家に来て怒鳴り散らす」というようなことは一切ありません(闇金の場合は除きます)。

延滞の請求はどうやってしているの?その流れは?

取り立ては回収部門にいる担当者が行いますが、一般的に延滞に関してはどの業者でも延滞期間ごとのチームが編成されており、同じ延滞者でも延滞の期間が長くなると、長期間の延滞を担当するチームに変わります。

延滞といっても、返済日を忘れていたというケースがほとんどであるため、最初はアルバイトの担当者が延滞者に連絡を取ります。

通常は、連絡先を携帯電話にしている利用者が多くなっているため、返済日の翌日に携帯に電話を掛けて延滞していることを伝え、いつ返済してもらえるのかを確認します。

返済日を確認することが目的であるため、日にちが指定されるまでは電話を切ることはありません。なお、延滞すると遅延損害金が発生するため、返済日を確認したら、返済日までの遅延損害金の額を伝えて一緒に返済するように案内します。

返済を忘れていたような人は1回の電話ですぐに返済しますが、中には2度3度催促を繰り返すことになる延滞者もいます。

また、業者によっては電話とともにハガキや手紙を併用するところもあり、催促が度々続くようだと、訴訟を匂わす文面の手紙を出すこともありますが、実際は期間が延びたとしても数回の催促で返済が行われています。

また、何回催促しても支払わないごく一部の延滞者は催促されようと支払えない状況になっているのが現実です。

勤務先への請求の電話は余程のことがない限りありません!

延滞者にとって一番気掛かりなのが勤務先への取り立ての電話ですが、結論から言えば、勤務先に電話を掛けてくることはまずありません。

それは、「正当な理由」もなく、勤務先に取り立ての電話(FAXを含む)をすることは貸金業法違反となるからです。

また、勤務先に直接取り立てに来たり、催促の電話をかけたりすることで業務を妨害した場合は業務妨害罪に該当します。さらに、勤務先に訪問した際に帰るよう要求したにもかかわらず応じなかった場合は不退法罪になります。

従って、勤務先への取り立ての電話や訪問はどの業者も行いません。仮に、勤務先への取り立てがあった場合は監督官庁(金融庁など)に苦情の申立てや、行政処分の申立てを行うべきです。

なお、正当な理由として許されるのは、電話や手紙などによる本人や本人の自宅への連絡が一切取れないケース、または延滞者が故意に連絡を無視しているケースなどです。

あまりにも返済の遅れている延滞者に対しては、利息や遅延損害金の支払いを免除する示談交渉をすることがあります。業者としても1円も回収できないよりはましだということです。

最終的に訴訟を起こすこともありますが、費用や手間が掛かるため、よほど高額な借入残高になっていない場合は行いません。また、訴訟を起こしたことで自己破産でもされたら回収不能となるので、示談で済ませたいのが本音です。

いずれにしても、そのような事態にまで進展すると当然、金銭貸借契約は強制解約になりますし、事故情報が信用情報機関に登録されるため、延滞者は5年以上全業者からのキャッシングはおろか、クレジットカードも使えなくなります。

返済の相談は電話以外にも自動契約機でも可能!

返済は送れると分かった時点ですぐに連絡をするべきです。もし近くに自動契約機などの店舗があるのなら、そこに直接行って返済の相談をするのもOKです。特にプロミスでは自動契約機の設置台数が消費者金融でもNo.1になっています。

三井住友銀行のローン契約機も利用できるので、非常に便利です。プロミスの地域サイトを見れば、どこに自動契約機があるのかもすぐ分かりますので、活用することをお勧めいたします。

カードローンで自宅郵送が嫌なら無人店へ行くべき!

カードローンを借りる場合、多いのが、自宅に契約書やカードを郵送されたくない人です。一人暮らしの人ならば問題ありませんが、結婚している人や、親と同居している人などは、自宅にカードローン会社からの郵便物が届いて、家族や奥さんに開封されてばれてしまうケースは非常に多いのです。

消費者金融会社であれば、封筒にも消費者金融の社名などは一切入っておらず、親展で本人宛に送りますが、中身を見られれば一発で借入がばれてしまします。

どうやって家族や配偶者に知られずに借りられるのか?その答えは、無人店で借りることです!

無人店とはなに?

無人店とは、その名の通り、従業員が1人も居ない店舗のことをいいます。無人店があるのは主に消費者金融カードローンになります。よく消費者金融会社の社名で、小さいプレハブ小屋みたいな建物を見たことがありませんか?

あれこそが無人契約機とATMが置いてある無人店なのです。

無人店で借りれば契約書やカード郵送はありません!

無人店最大の特徴は、その場で契約書を作成、控えも受け取れ、カードもその場で発行になる為、自宅に契約書やカードが届くことは一切ないことです。

もしインターネットや電話から申込みした場合、必ず契約書の控えを渡さなければならず、カードも送らないと利用することができません。しかし、無人店であれば、無人契約機より、契約書とカード発行がありますので、全ての手続きを終わらせることができるのです!

もし、自宅に契約書やカード郵送されたくないと思っている人は、ぜひ無人店での借入をおすすめいたします。無人店はほとんど消費者金融だけとなっており、銀行カードローンはありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックはテレビ窓口が無人契約機みたいになっています。人気のオリックス銀行カードローンは店舗が無いので、残念ながら無人店はありません。