作成者別アーカイブ: cashing535

山形銀行のカードローンの金利や審査はどうなの?

東北地方山形県の地方銀行には山形銀行と荘内銀行があり、山形銀行は荘内銀行の倍近い規模になっています。

ただ、山形銀行でも売上面では他の東北地方5県の地元銀行に劣っており、特に一番大きい宮城県の七十七銀行と比較すると約40%程度の売上でしかありません。

なお、山形銀行は同族経営の色が濃く、歴代の頭取を見ると、三浦家と長谷川家が交代で就任しています。

山形銀行のカードローンは客層の許容範囲が幅広く、パート・アルバイトから専業業主婦、年金生活者、個人事業主でも利用することができます。

なお、利用限度額に関わらず、収入証明書の提出が不要です。貸出限度額が500万円で、金利は4.5~14.6%になっています。

金利の詳細は利用限度額100万円未満が14.6%、100万円以上200万円未満が12.0%、200万円以上400万円未満が8.0%と、ほぼ都市銀行並みになっています。

午前中に契約手続き完了で最短即日融資も可能!?

申込はホームページ、電話、FAX、郵送のどれからでも行うことができます。午前中に契約手続きが終了すると、当日の内に借入金を山形銀行の口座に振り込んでもらうことも可能です。

ホームページから申込む場合は申込用フォームに本人情報、勤務先情報、他社借入情報などを入力し、送信します。

申込内容の確認の電話があった後仮審査が行われますが、基本的に15時までに申し込んだ分は当日中に審査結果が連絡されます。借審査に通った場合は正式な申込書をFAXか郵送で提出します。

電話の場合はフリーコールに掛けるとオペレーターから審査項目の質問があり、回答が終了した時点で仮審査に入ります。

FAXと郵送の場合はホームページから利用申込書をダウンロードし、必要事項を記入して提出します。仮審査後の手続きはホームページからの申込と変わりません。

山形銀行カードローンは返済額の負担が少ない!

借入はATMから行いますが、ATMは山形銀行の他、コンビニのセブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。約定返済は毎月3日の山形銀行口座からの引き落としです。

約定返済額は借入残高が10万円以下の場合は2千円で、以降借入残高が100万円までは残高が10万円増えるごとに返済額が2千円ずつ増額され、借入残高が100万円を超すと、残高が10万円増すごとに1千円ずつ返済額が追加されます。

約定返済が少額ずつアップするため、借入残高に対する返済額が少なくて済むという特徴があります。なお、任意返済としてATMから入金することもできます。

なお、山形銀行のカードローンには自動融資機能があり、公共料金の自動引き落としやクレジットカードの決済時に預金口座の残高が不足していると、カードローンから不足額が自動的に口座に入金されます。

審査は当然消費者金融よりも厳しくなります。2017年は銀行カードローンの過剰融資が問題になったことで、銀行も今まで無視してきた総量規制を自主規制で入れる流れになります。

そのため、今後の審査はより一層厳しくなることは間違いでしょう。

セゾンカードが展開するVIPローンカードの特徴

有名なクレジットカードにセゾンカードがありますが、そのセゾンカードのキャッシング専用カードが「VIPローンカード」です。

金利は6.5~17.8%で消費者金融と同等になっています。ちなみに、融資限度額は500万円で、安定収入があれば学生でも申込が可能です。

申込方法はホームページにある専用フォームからの申込が主になりますが、資料を取り寄せて郵送で申し込むこともできます。

ホームページから申込んだ場合、カードローン審査終了後に本人確認書類の画像をメールやスマホアプリで送信し、平日の13時までに手続きが完了すると、その日の内に借入金を自分の所有する銀行口座に振り込んでもらえます。

なお、カードは郵送されてきた申込内容確認書に必要事項を記入して返送した後で送られてきます。

借入はネット会員サービスに登録した上での振込キャッシングと、ATMの利用になりますが、メガバンク3行の他多くの銀行のATMが利用でき、さらに、すべてのコンビニ(ローソン、セブンイレブン、Enet)のATMからも借入が可能になっています。

ただし、セゾン専用ATM以外のATMの利用は手数料が掛かります。なお、ネット会員サービスに登録すると、利用明細書の郵送を断って、ホームページで取引内容が確認できるようになります。

返済方法は口座引き落としだけなのがデメリット

返済は毎月4日に行われる銀行口座からの引き落としのみです。返済額は借入残高における定額リボルビング払いになっており、例えば、借入残高が10万円までは4千円、20万円までは8千円を毎月支払います。

なお、追加返済や一括返済はATMからでもできますが、前月の10日までにセゾンに連絡しなければならず、他のカードローンに比べると手間の掛かるのが弱点と言えます。

VIPローンカードの特徴と言えるのが、年収500万円以上の人を対象とした「プレミアムコース」のあることです。金利が一般コースよりかなり低く、6.5~11.8% になっており、カードローンの中でもかなり低い部類に入ります。借入・返済などの利用方法は一般コースと変わりはありません。

そして、VIPローンカードには個人事業者向けの「事業コース」もあり、金利は6.5~17.8%で、一般コースと同じです。

事業コースは個人事業者専用のために総量規制の例外扱いになっていることから、年収制限額以上の借入が可能です。

利用方法は通常のカードローンと変わりませんが、利用できる上限年齢がカードローンの69歳に対して事業コースは65歳になっています。さらに、申込時に確定申告書や資金繰り表などの事業内容を表す書類と、専用の借入計画書を提出しなければなりません。

また、カードローン年収に関しても個人事業者は一般的な会社員に比べて、厳しく見られる傾向があります。

返済の延滞における業者からの取り立ては厳しいのか?

電話する男性の画像
カードローンからの借入金の支払いが急な都合で返済日に間に合わなくなることがあります。そんな時は速やかにいつ返済できるのかを業者に連絡すれば了承してもらえます。

最近はホームページから返済の遅れを連絡できるカードローンもあります。仮に、何もしないで放って置くと、延滞に対する業者からの取り立てがあります。

現在の貸金業者の取り立ては2010年に改正された貸金業法の規定に基づいて行われるため、テレビドラマに出てくるような「怖いお兄さんが家に来て怒鳴り散らす」というようなことは一切ありません(闇金の場合は除きます)。

延滞の請求はどうやってしているの?その流れは?

取り立ては回収部門にいる担当者が行いますが、一般的に延滞に関してはどの業者でも延滞期間ごとのチームが編成されており、同じ延滞者でも延滞の期間が長くなると、長期間の延滞を担当するチームに変わります。

延滞といっても、返済日を忘れていたというケースがほとんどであるため、最初はアルバイトの担当者が延滞者に連絡を取ります。

通常は、連絡先を携帯電話にしている利用者が多くなっているため、返済日の翌日に携帯に電話を掛けて延滞していることを伝え、いつ返済してもらえるのかを確認します。

返済日を確認することが目的であるため、日にちが指定されるまでは電話を切ることはありません。なお、延滞すると遅延損害金が発生するため、返済日を確認したら、返済日までの遅延損害金の額を伝えて一緒に返済するように案内します。

返済を忘れていたような人は1回の電話ですぐに返済しますが、中には2度3度催促を繰り返すことになる延滞者もいます。

また、業者によっては電話とともにハガキや手紙を併用するところもあり、催促が度々続くようだと、訴訟を匂わす文面の手紙を出すこともありますが、実際は期間が延びたとしても数回の催促で返済が行われています。

また、何回催促しても支払わないごく一部の延滞者は催促されようと支払えない状況になっているのが現実です。

勤務先への請求の電話は余程のことがない限りありません!

延滞者にとって一番気掛かりなのが勤務先への取り立ての電話ですが、結論から言えば、勤務先に電話を掛けてくることはまずありません。

それは、「正当な理由」もなく、勤務先に取り立ての電話(FAXを含む)をすることは貸金業法違反となるからです。

また、勤務先に直接取り立てに来たり、催促の電話をかけたりすることで業務を妨害した場合は業務妨害罪に該当します。さらに、勤務先に訪問した際に帰るよう要求したにもかかわらず応じなかった場合は不退法罪になります。

従って、勤務先への取り立ての電話や訪問はどの業者も行いません。仮に、勤務先への取り立てがあった場合は監督官庁(金融庁など)に苦情の申立てや、行政処分の申立てを行うべきです。

なお、正当な理由として許されるのは、電話や手紙などによる本人や本人の自宅への連絡が一切取れないケース、または延滞者が故意に連絡を無視しているケースなどです。

あまりにも返済の遅れている延滞者に対しては、利息や遅延損害金の支払いを免除する示談交渉をすることがあります。業者としても1円も回収できないよりはましだということです。

最終的に訴訟を起こすこともありますが、費用や手間が掛かるため、よほど高額な借入残高になっていない場合は行いません。また、訴訟を起こしたことで自己破産でもされたら回収不能となるので、示談で済ませたいのが本音です。

いずれにしても、そのような事態にまで進展すると当然、金銭貸借契約は強制解約になりますし、事故情報が信用情報機関に登録されるため、延滞者は5年以上全業者からのキャッシングはおろか、クレジットカードも使えなくなります。

返済の相談は電話以外にも自動契約機でも可能!

返済は送れると分かった時点ですぐに連絡をするべきです。もし近くに自動契約機などの店舗があるのなら、そこに直接行って返済の相談をするのもOKです。特にプロミスでは自動契約機の設置台数が消費者金融でもNo.1になっています。

三井住友銀行のローン契約機も利用できるので、非常に便利です。プロミスの地域サイトを見れば、どこに自動契約機があるのかもすぐ分かりますので、活用することをお勧めいたします。

カードローンを便利に使うなら無利息を使いこなす!

カードローンを本当に便利に使うならば、無利息ローンを使いこなすことが最も重要です。

無利息カードローンとは、字のごとく、一定期間は金利が0%となり、一切利息が付きません。

例えば、20日間だけの穴埋め的なことで、現金を借りたいならば、金利が最も安いと言われている住信SBIネット銀行のプレミアムカードローン、年7.99%で借りるよりも、消費者金融で無利息があるプロミスや、アコムで借りた方が絶対的に支払う利息は安いのです。

金利だけを見れば、住信SBIネット銀行は年1.99%~7.99%、プロミスは実質年率4.5%~17.8%、アコムは実質年率4.7%~18.0%となっており、住信SBIの方が断然低金利なのですが、先ほども言ったように、プロミスとアコムは30日間無利息サービスがありますので、20日間限定の利用であれば、利息は0円となりますので、どこよりも低金利となるのです。

無利息にも基準日によって無利息期間が異なります!

消費者金融には30日間無利息のプロミスとアコムがありますが、どちらも30日間無利息となっていますが、基準日が異なります。

プロミスは借入日から30日間無利息となっており、実際に現金をATM等で引き出した時から30日間がスタートします。

一方で、アコムは契約日から30日間無利息となっていますのが、契約だけして出金していない場合でも、30日間はカウントされており、仮に契約後10日に現金を引き出したのであれば、無利息が適用される日は残り20日間しかありません。

どちらがお得なのかといえば、もちろんプロミスです。プロミスなら契約してカードだけを持っていても無利息のカウントは始まらないので、本当に必要な時に出金すれば、そこから30日間無利息がスタートします。

このように、無利息カードローンで同じ30日間だとしても契約日基準なのか、借入日が基準なのかによって、大きく変わるので、注意が必要です。

ちなみに、銀行カードローンで無利息をしているのは新生銀行カードローンレイクぐらいです。他のカードローンは無利息がありません。

しかしながら、銀行カードローンは提携ATM利用手数料が無料など、メリットが多いので、短期間以外に利用する人は、まず銀行カードローンの審査から申込みすることをおすすめいたします。

ノーローンの本当の金利【無利息分を除けば超低金利!】

ちなみに、ノーローンの貸出における最高金利は18%で他の消費者金融と同じですが、7日分の利息が掛からないため実質的な金利はもっと低くなります。

例えば、18%の金利で10万円を借り入れて30日後に返済すると、通常は1,479円の利息が掛かりますが、ノーローンでは1,134円で済むため実質的な金利は13,8%になり、銀行カードローンよりも低くなります。

そして、ノーローンのもう1つのメリットが「ポイントサービス」です。ノーローンを利用すると、利息の返済時に返済利息額に応じてポイントが付与されます。

カードローンの利用額に応じてポイントが付与されるのはノーローンだけの持つメリットです。

そして、ポイントはインターネットにおける大手ポイントサイトの「楽天スーパーポイント」、「ネットマイル」、「Gポイント」のいずれかに交換することができ、交換先は利用者が自由に選択できます。

楽天スーパーポイントを選ぶと、1ヶ月の利息額が1,000円以上5,000円未満で30ポイント、5,000円以上10,000円未満で70ポイント、10,000円以上15,000円未満で150ポイントが付与されます。

ネットマイルの場合は、1,000円以上5,000円未満で10マイル、5,000円以上10,000円未満で60マイル、10,000円以上15,000円未満で150マイルが付きます。(出典:東京スター銀行おまとめローン審査の口コミ評判を解説!

プロミスで借りた方がいいと言われる理由

初めて消費者金融でキャッシングするならば、プロミスで借りた方がいいとよく言われます。

なぜプロミスで借りた方がいいんでしょうか?素人には分からないことでしょう。その理由は、プロミスで借りた方が1か月分金利無料で借りられるからです。

プロミスには30日間無利息サービスというのがあります。プロミスポイントサービスに申込みが必要ですが、30日間無利息はモビットやアイフルにはありません。

つい最近、アコムも無利息サービスをしていましたが、6月30日で終わってしましました。(またやると思いますが)

モビットで50万円借りた場合、30日間の利息は7,937円です。仮に2万円支払しても、利息を引いた金額しか残高は減りません。

さっきの例でいえば、元金に充当されるのは約12,000円ぐらいです。

しかし、プロミスであれば初回の1か月目はそのまま元金に充当されるのです。2万円返済すれば2万円減るのです!

これは非常に大きいですね!無利息サービスは新規契約に限るサービスになっています。だから最初に借りるのは、無利息があるプロミス審査がいいと言われている理由なのです。

他に無利息があるのは、ノーローンや新生銀行カードローンレイクもあります。ノーローンは無利息はなんどでも1週間可能となっており、非常にありがたいサービスです。

この辺の知識が無く、新規から利息を払う人は情弱と言われてもいたしかたないでしょう。

年収3分の1以上借りるなら銀行カードローンへ!

消費者金融では平成22年の総量規制によって、年収3分の1未満までしか貸付することができません。

それ以上に借りる場合は、おまとめローンなどの借り換えによって、金利を引き下げて融資することが条件となってきます。

では、おまとめや借り換えで申し込みすれば借りられるんでしょ?と思いますよね?

確かに借りられるかもしれませんが、おまとめや借り換えで借りた場合は、その後に追加借入ができません。

限度額100万円で借りた場合、普通なら80万円まで残高が減ったら、残り20万円をまたカードで引き出せますが、おまとめローンや借り換えローンではそのように追加借入は原則できない消費者金融が多いのです。

じゃあ年収3分の1以上で借りられないの?と思いますよね?基本的には借りられないと思っていた方が無難です。しかし、銀行カードローンならば、総量規制対象外となりますので、年収3分の1のハードルはありません。

総量規制対象外だからと言って、借りられるわけでもありませんが、消費者金融では絶対に借りられない場合でも銀行カードローンは審査次第で少ない確率ですが借りられる時もあるのです。

その少ない確率に賭けて申込みしてみることも一つの方法です。

もし審査が通ったならば、限度額内でも繰り返し借り入れができるでしょう。返済だけしかできない消費者金融はもはや使い勝手が悪いだけです。

今、総量規制で借りられない人は、一度銀行カードローンへ申込みしてみることも検討してみてください。

ここまで、総量規制対象外のメリットを多く書いてきましたが、勘違いしては困るのことは、総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンですので、決して審査が甘いということはありません。

保証会社の保証審査もありますので、消費者金融に比べれば圧倒的に審査が厳しくなるのです。しかも返済比率による審査基準がありますので、年収規制がないからと言って、多重債務者でも借りれることは絶対的にありませんので、注意しておいてください。

カードローンで自宅郵送が嫌なら無人店へ行くべき!

カードローンを借りる場合、多いのが、自宅に契約書やカードを郵送されたくない人です。一人暮らしの人ならば問題ありませんが、結婚している人や、親と同居している人などは、自宅にカードローン会社からの郵便物が届いて、家族や奥さんに開封されてばれてしまうケースは非常に多いのです。

消費者金融会社であれば、封筒にも消費者金融の社名などは一切入っておらず、親展で本人宛に送りますが、中身を見られれば一発で借入がばれてしまします。

どうやって家族や配偶者に知られずに借りられるのか?その答えは、無人店で借りることです!

無人店とはなに?

無人店とは、その名の通り、従業員が1人も居ない店舗のことをいいます。無人店があるのは主に消費者金融カードローンになります。よく消費者金融会社の社名で、小さいプレハブ小屋みたいな建物を見たことがありませんか?

あれこそが無人契約機とATMが置いてある無人店なのです。

無人店で借りれば契約書やカード郵送はありません!

無人店最大の特徴は、その場で契約書を作成、控えも受け取れ、カードもその場で発行になる為、自宅に契約書やカードが届くことは一切ないことです。

もしインターネットや電話から申込みした場合、必ず契約書の控えを渡さなければならず、カードも送らないと利用することができません。しかし、無人店であれば、無人契約機より、契約書とカード発行がありますので、全ての手続きを終わらせることができるのです!

もし、自宅に契約書やカード郵送されたくないと思っている人は、ぜひ無人店での借入をおすすめいたします。無人店はほとんど消費者金融だけとなっており、銀行カードローンはありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックはテレビ窓口が無人契約機みたいになっています。人気のオリックス銀行カードローンは店舗が無いので、残念ながら無人店はありません。

新生銀行カードローンレイクはなぜ総量規制対象外?

レイクと言えば、昔は、ほのぼのレイクとしてテレビCMをしており、消費者金融大手の印象でした。外資系の会社が買収したことによって、路線変更したことは知っていますが、いつからか、新生銀行カードローンに変わったのはみなさん知っているのでしょうか?

消費者金融から銀行カードローンに変わるのは珍しいと思う人もいると思いますが、イメージを大事にする銀行としては、消費者金融を抱えることは昔では考えられないことだったのです。

しかし、時代の流れによって、今レイクは銀行カードローンとして消費者金融では無く、個人への融資をするに至っています。なぜレイクが銀行カードローンになったのか?それは貸金業法の改正が大きく関わっているのです。

貸金業法改正によって総量規制ができました

なにが大きく関わっているのかと言えば、貸金業法改正によって、総量規制ができたことです。総量規制とは消費者金融が貸付する金額を年収の3分の1までに強制的に決め付けした法律です。

このことで、消費者金融会社は融資できる金額は申込み者の年収3分の1までとなり、それ以上貸付することは法律によってダメになってしまったのです。

しかし、この総量規制は貸金業法の為、消費者金融オンリーなのです。要するに、銀行は銀行法であり、貸金業者ではないので、総量規制は対象外となって、年収3分の1に従う必要もありません。

これこそがレイクが銀行カードローンに移った最大の理由なのです。

銀行カードローンに移ることで総量規制は免れるだけでは無く、収入証明書の細かな制約もなくなります。金利は消費者金融と同じ金利でOKの為、メリットだけがあることになるのです。

しかも、レイクは消費者金融のノウハウがあることから、銀行カードローンでも即日振込で融資ができるのです。これは今の銀行カードローンと大きな差別化と言っても良いでしょう。

ほとんどの銀行は審査に時間がかかり、即日融資ができるのは非常にすくなくなっています。その中でレイクだけは申込み当日に借りれることで、レイク口コミ等でもやはり人気のカードローンになっているのが現実なのです。

審査が早い消費者金融はどこなのか?

審査が早い消費者金融がどこなのか知っている人はいますか?消費者金融は審査が早いのですが、全部が一緒の審査時間ではないのです。

有名なアコムやプロミス、モビットなどは審査が当然早いのですが、申込みが多い日は当然審査が遅くなります。では、申込みが少ない消費者金融が審査が早いのか?と言えば、その通りなのですが、申込みが少ないというのは中小消費者金融であり、知名度や規模はかなり小さく、お金を借りるには不安が大きいのは間違いありません。

審査スピードを求めるならば、とりあえずはアコムへ!

審査スピードを求めるならば、とりあえずアコムへ申込みしておけば間違いありません。アコムは最近になって貸付残高でプロミスに抜かれていますが、消費者金融最大手をここまで走ってきた会社で、信用度は抜群です。

三菱東京フィナンシャルグループで信頼感もあり、それで尚且つ、審査時間は最短30分!申込みが多くなる月末等は、1時間ほど審査に時間がかかるかもしれませんが、審査がどうなっているのか、逐一電話で聞けば、丁寧に答えてくれるでしょう。

これが小さい消費者金融だと、審査はまだか?と聞いたところで、上から目線で、まだです。と言われるだけです。やはり消費者金融は金貸しです。しょせんは金貸しの為、小さいところではまだ顧客に対して上から目線で話してくるところは残念ながらあるのです。

アコム以外であれば、最近はノーローンが熱いです。ノーローンは広告に審査時間は最短20分と出していることから、大手消費者金融の審査時間30分を10分も短縮しています。

消費者金融の審査は20分でできるものなのか?と聞かれれば、答えはできます。結局のところ、消費者金融の審査は信用情報の審査が大部分を占めているので、借金の情報を見ただけで、貸せるのか貸せないのかは、瞬時に判断が可能なのです。

貸せる人であれば、あとは在籍確認や本人確認を詰めてするだけの作業なのだからです。

いづれにせよ、即日融資でカードローンを選ぶのであれば、審査が早い消費者金融で決まりです。